サイトメニュー

顔のたるみの改善で人気

カウンセリング

ウルセラのリフトアップ効果や選ばれる理由

若い時は顔にたるみが生じないのは、皮膚内のコラーゲンが豊富で、筋膜が皮膚や脂肪をしっかりと支えているためです。そして、美容整形外科では顔のたるみ治療としてウルセラが提供されており、銀座でもアンチエイジングの定番となっています。ウルセラは専用マシンを使い、表皮の下の筋膜など、決まった層にのみ超音波を照射する施術です。超音波を受けた皮膚内では、その熱でコラーゲンが瞬時に縮み、それにつられて側の組織も引き寄せられていきます。ですのでウルセラ施術では、治療直後でも皮膚の引き締め感を覚えるケースが少なくありません。ただしウルセラの本格的なリフトアップ効果は、超音波の照射で傷ついた組織の再生と共に現れるため、直ぐには改善しません。およそひと月程度の時間を掛け、じわりじわりと引き締め効果を現す感じです。一般的に皮膚の引き締め作用がピークに達するのは術後3か月程度とされており、皮膚内部ではコラーゲンが増え、たるみが改善されていきます。肌を切ることなくリフトアップできるため、銀座の美容整形外科でも受けやすい治療の1つです。

ウルセラ治療が銀座の美容整形外科でも人気があるのは、優れた効果のほか、日常生活に影響しにくい点も挙げられます。施術ではメスや針を使わないため、絶対に顔は切りたくない、といった場合でも治療できるのが大きなポイントです。皮膚を切らないので治療が終わればメイクを直して帰れるなど、その手軽さもウケています。それでいて、本来なら外科手術でなければ治療できない筋膜を改善できる訳ですから、銀座の美容整形外科でも治療される人が多いのです。筋肉や皮膚ではなく、筋肉を包むスマスと呼ばれる筋膜を治療できるため、ウルセラは外科施術にも通じる美容効果を持つと評判になっています。筋肉は引き上げても線維ごとにバラけてしまい、皮膚は伸縮性があるのでやがて伸びるなど、それらを改善してもリフトアップ効果は長時間続かないのです。ですが、筋膜は力を加えても伸びにくいため、たるんだ皮膚を引き上げる時は最適となっています。さらに、ウルセラは顔全体はもちろん、頬や目の下といった気になる部分だけをピンポイントで治療できることでも人気です。