糸リフトとモニター治療|実際に利用する時の目的や特徴を考えてみよう

サイトメニュー

糸リフトとモニター治療

手術道具

たるみ施術の仕組みとモニター契約のルール

顔のアンチエイジング治療である糸リフトは、切らずに済むので人気が高く、銀座でも多くの美容整形外科で提供されています。この施術は突起が備わった専用の医療糸を肌の中に通し、たるんだ顔の皮膚を物理的に引き上げる仕組みです。なので注入施術では対処できない顔のたるみも、銀座の美容整形外科で糸リフトを受ければ、改善できるようになっています。また、この整形治療は皮膚を引っ張り上げる以外にも、様々な効果でたるみを改善するのがポイントです。まず、糸を肌へ通せば内部は必然的に傷つきますから、施術部位ではそのダメージを治すための自己修復が始まります。すると自然治癒のプロセスでエラスチンをはじめ、コラーゲンなどの皮膚に張りや弾力を与える成分も、一緒に作り出されるのです。そして、糸リフトは体内で溶ける糸を使用するので、術後数週間ほどすれば分解もスタートします。溶け出した物質もコラーゲンなどの生成を促すため、糸が完全に溶け終わるまで数か月から数年間は、素肌の弾力や引き締め効果を高めてくれるのです。

リーズナブルなプチ整形も豊富に揃っていますが、美容整形外科の治療は基本的に自由診療のため、保険治療より値段が高いのも一般的です。そこで、お得に施術を受けたい時はモニター治療を検討するのが良く、場合によっては半額程度で治療できたりします。銀座の美容整形外科でもモニターを募集している場合が多いので、チャックしてみると良いでしょう。しかし応募すれば誰でもモニターになれるという訳ではなく、銀座の各美容整形外科で設けられている採用ルールに適合するのが前提です。ルールの詳細はクリニックや治療メニューごとで違いますが、顔出し症例写真の掲載を承諾してくれる人ほど受かりやすくなります。顔出し写真を必須条件としている場合でも、目線の有無でモニター料金が変化することもあるので、応募する際は美容整形外科に確認しておきましょう。そして無事に採用されると、晴れてクリニックとモニター契約が結べるようになります。ですがその場合は、保証金などの預かり金をクリニックへ支払うケースも少なくありません。原則としてモニター契約を満了すれば返却されたりしますが、契約する際はそのルールもしっかり確認しておくのがポイントです。